掛川市の特産品・お土産は、伝統ある手織り葛布の小崎葛布工芸まで

qrcode.png
http://ozaki-kuzufu.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

小崎葛布工芸株式会社
〒436-0091
静岡県掛川市城下3-4
TEL.0537-24-2222
FAX.0537-24-5480
mail:info@ozaki-kuzufu.jp
────────────
【取り扱い品目】
・小物
・バッグ
・襖地
・すだれ
────────────
 

葛布とは

 

歴史

歴史
 
 当掛川に葛布の製法が生まれたのは、その昔、掛川西方の山中にある滝の側で庵を結んでいた行者が、滝水に打たれ、さらされている葛蔓を見つけ、それが繊維として使用できると考えて信徒の老婆に葛の繊維を採る方法を教えた事からと言い伝えられております。
 歴史的に認識されてきたのは鎌倉時代からで、この頃、原田荘領主の献上記事、「遠州国調誌」によれば、「静御前の舞を源頼朝公御賞翫の折、原田荘西山城主(現掛川市原田区西山)葛の直垂にて出給ふを頼朝公御問ひあらせられ候時、この葛布は当国の物産なりと答ふ」とあり、この頃より用いられていたことがわかります。
 
 当時は、蹴鞠の指貫(奴袴)に用いられ、江戸時代に入り東海道の掛川宿の繁栄と共に葛布も栄え、広く世間にも知られ裃地・乗馬袴地・合羽地などに使用され、また参勤交代の諸大名の御土産品として大変珍重されておりました。
 ところが、明治維新による武家階級の転落、生活様式の急転により壊滅的打撃を受け問屋は大半が転業しました。明治の初期、襖の引手の葛布にヒントを得て、従来の着尺巾を三尺巾に織り、東京に出し大好評を得て以来、襖地として生産される事となり、また明治30年頃より壁紙としてアメリカへ輸出したところ、大変評判が良く「Grass Cloth」の名で、最高級の壁紙として喜ばれました。
戦後になると、コストの安い韓国産が出回り再び大打撃をを受け、織元も十軒余りになり現在では数軒を残すのみとなってしまいました。
 
 伝統を守った葛布の持つ美しさと素朴な味わいは、今でも内外を問わず多くの人々に親しまれ愛用されております。
 
 

葛のつるから葛布へ

葛のつるから葛布へ
 
葛蔓(くずつる)の採取
 
葛布の原料となる葛蔓は、毎年6月~8月にかけて山野に自生しているものを
手作業で採取。葛蔓の断面は外皮、内皮、(外皮の下のやわらかい皮で靭皮とも言う)
そして中心の木質部から構成され、内皮が葛布繊維の原料となります。
 
 
葛苧(くずお)仕上げ 
 
葛苧仕上げとは、葛布の繊維を作る工程。
採取した葛蔓はまず釜で煮立てた後一晩流水に浸し、次に地面に掘られた室(むろ)に二晩寝かせ、外皮と木質部が簡単にはがれるように発酵させます。室から出した葛蔓は丸洗いをして外皮を取り去り、次に木質部を抜き取り内皮だけにします。
 
葛苧干し
 
内皮はきれいに洗い(苧洗い)、次に米のとぎ汁につけ(苧晒:おさらし)、葛苧仕上げもいよいよ最終工程。
仕上げ洗いの済んだものを天日によく干して葛布繊維の誕生です。
一昔前は、掛川を流れる逆川(さかがわ)の水で苧洗いするのどかな光景があちらこちらで見られたものでした。
 
葛つぐり
 
織りの工程に入るためには、この繊維を1本の糸に仕上げなければなりまん。
繊維を縦に細く裂いたものを結び合わせ、箸にちどりに巻きつけて1本の長い糸の束を作る作業が葛つぐり。
葛つぐりされた糸は織元へ納品され、いよいよ織りの工程へと進みます。
 
葛布(くずぬの・くずふ又はカップ)織り
 
葛蔓の採取から葛苧仕上げ、葛つぐりまで全てが手作業であるように、織りの作業も昔ながらの手織りで行われます。
緯糸(よこいと)に葛布繊維、縦糸(たていと)に綿糸や絹糸を合わせ葛布が織り上げられます。
葛布織りは、かたくなに昔の伝統を守り続け、素朴な感触を今に伝えます。
<<小崎葛布工芸株式会社>> 〒436-0091 静岡県掛川市城下3-4 TEL:0537-24-2222 FAX:0537-24-5480